居住用物件にはないビル経営の魅力|不動産でメイクマネー

マンションで年金対策

集合住宅

マンション経営は、年金対策や税金対策として活用することができます。毎月の家賃収入を私的年金として活用できるので、ゆとりある生活を送ることができるのです。ローンを組むことができるので、少額の資金でも始められます。

もっと読む

サービス内容

つみ木

マンションやアパートを購入するのは敷居が高い、と感じる場合は、airbnbを利用すると良いでしょう。手軽に民泊で利益を得ることができます。代行業者を利用すれば、管理を任せたり、立ち上げをサポートしてもらったりすることができます。

もっと読む

空き家対策

内観

転勤や海外赴任で空き家にするのが不安なら、リロケーションを行なうと良いでしょう。リロケーションをすれば、家賃収入を得ることができますし、入居者に管理をしてもらえるので安心です。

もっと読む

ハイリターンの商品

男性

不動産投資と言えば、アパートやマンションなどの居住用物件を利用するのが主流になっています。居住用物件以外にも、オフィスビルや商業ビルなどを活用して不動産投資をすることも可能です。ただ、ビルと居住用物件では、設備や費用など異なる部分が多々あるので注意しておいたほうが良いです。ビル経営を行なうメリットは、アパート経営やマンション経営などよりも賃料が高いということです。また、税制上の優遇措置があるというのもメリットになります。節税効果や納税資金確保など税金対策にもなるので、上手に活用したほうが良いです。ビルは、アパートやマンションと違って、立地の制約が緩和されるという特徴があります。居住用物件の場合、立地の制約が厳しいので、土地によって建物が建てられなかったり入居者が集まらなかったりすることがあります。それに対して、建築基準法の要件が緩いビルは建てやすいのです。

ビル経営は、得られる家賃収入は多いのですが、その分建築コストもかかってしまうということを知っておくべきです。OA環境を整備したり、高い防犯設備を整えたりする必要があるので費用が高くなってしまうのです。また、経営の影響も大きく受けてしまうので、企業が縮小したり倒産したりすると収入もなくなってしまいます。不動産投資は、ミドルリスクミドルリターンで初心者向けの金融商品として知られていますが、ビル経営の場合はハイリスクハイリターンとなっています。そのため、高い利益を出したいという方に向いている経営方法です。